Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
TINAMI
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
エモノは居ますか?
JUGEMテーマ:ゲーム


先日、最後まで到達したメガCDの「アフターハルマゲドン」の感想。

発売された当時にリアルタイムでプレイしても微妙だったと思う。
しかし、20年以上経った今プレイすると、逆に新鮮!
なんてことも無く、数歩進むたびに出てくる雑魚と戦いを繰り返しレベル上げて、装備良くしての繰り返し。
敵とのエンカウント率は、いつでも変えることが出来るけれど、ところどころで出現するボス級の敵を倒さないと先へ進めないため、結局はボスを倒すためにレベル上げの作業することに。

世界観や設定部分では、主人公の一行がいわゆる魔族(モンスター=化け物)だったり、人間が魔物の家畜になっていたりと、好みはあるだろうけど今でも古さは感じない。
ただ、それをちゃんと見せられていない(ストーリー展開が薄い)。
それどころか、中盤以降、主人公一行が星を救う勇者扱いされてしまい、よくある魔王を倒す勇者的な話になってしまうため、ストーリーの盛り上がり(実際には盛り上がらないんだけど)に伴ってダークな雰囲気が崩れていってしまう残念な展開。
人間を喰って進化(パワーアップ)するシステムなどが有るんだから、とことんダークにして欲しかったが・・・。
こっからは想像になるけれど、この作品は中途半端な状態(未完成)で発売されたんじゃないのかな?
メガドライブの終了が近かったとか、内部の大人の事情とかの理由で。
ストーリーの中盤以降から、勇者様が魔王倒すための力を求めて、お使いクエストに行ったり来たりする、ありがちな展開に成り下がってしまうのも中途な状態で発売されたため(だと思う)。
主人公は魔物なのに、ナイフとか鎧とかを装備するシステム(スライムやドラゴンが防具や武器装備するって、どう考えても変だし・・・)も、もっと練り込んだり違うものにする前に開発期間が終わってしまっため(だと思う)。
序盤のストーリーが中盤以降の展開と違いすぎる部分と、
世界観の設定とシステム回りが合ってなくて妙にチグハグな部分、が実際には面白くなる「はず」の要素だったのかも?と思うと、色々ともったいないなぁ〜って感想になってしまう。
ラスボス
おまけ(ネタばれ)
ボス戦攻略
進化出来るようになったら、特殊能力に「ガトリング」使えるのを選ぶ。
3人(3匹?)ほどガトリング使える編成にしたら、1ターン目はガトリング連発。
ガトリングは対象のHP(体力)を半分(?)にする効果らしい(途中からボス敵全部に使っていったが、攻撃ミスとか無効化されるってことはなかった)。
初弾で半分>二発目でさらに半分(最初の四分の一)>三発目でさらに・・・。
そのため、1ターン目で3人がガトリングすると、2ターン目開始時には、ボスの体力が普通の雑魚並しか残っていないので、あっさり倒せる。
1ターン目のボスの攻撃に耐えられる体力、装備、防御魔法やアイテムが有れば、最後のボスまで2ターンで倒すことが可能。
激しく、味気無くなりますが。
posted by: OPAM | メガドライブ | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック